健康と朝ごはんと便秘と。

便秘で悩まれている方は現代社会では非常に多いと言われています。その原因の多くは食生活の乱れと拍車をかけるようなストレスの蓄積です。

 

食生活に関してで言えば朝ごはんをきっちりと摂取しないというのも大きな原因です。後は不規則な時間に食事を行う、栄養がかたよるといったことがありますが、その中でも朝ごはんを食べないというのは便秘の最大の原因でもあるのです。

 

では、なぜ朝ごはんを食べないことが便秘の原因となるのか。答えは身体が動かないからです。どういうことかと申しますと、人は目覚めてから太陽の光を浴びて体内時計を調整して目覚めてきます。それまでは意識があって立ち上がれる状態であっても身体はほとんど眠っている時のような状態です。

 

太陽の光を浴びて身体が動くようになっても、内臓はそうではありません。内蔵は外からの刺激や食物によってその動きが活性化してきますので、食物を取らなければ身体の中から目覚めることができないのです。

 

つまり、その状態で身体を動かして一日をはじめてしまうと胃や腸が正常に動かず、更に食生活の乱れで拍車をかけて負担をましてしまうと結果、消化不良などを起こして便秘につながってくるのです。

 

便秘の一番の改善方法は健康体を手に入れるということです。ストレスと生活の乱れは健康を阻害する最も悪い要素です。

 

それらの改善で身体は健康的になり、健康的な身体は便秘など起こさず便通をスムーズにしてくれるのです。

 

便秘気味だと思ったら、少しでも良いので朝ごはんを食べてみてください。そして、身体の目覚めを感じて一日を過ごしてみてください。