生理前の便秘は腸マッサージと運動で解消

普段は、毎朝すっきりお通じが出る私でも、生理前になると、なんとなく体がむくんで便秘になりがちです。体に毒素がたまっているような気がして、なんとなく体が熱っぽく感じられることもあいまって、気分的にもちょっとしたことで落ち込みがちなのがこの時期の症状です。

 

かかりつけの婦人科の先生に生理前のむくみや便秘について質問してみたところ、やはり黄体期に関係があるとのことでした。

 

生理前の黄体期に入ると、女性の体は、黄体ホルモンの影響を強く受けることになります。私が悩んでいる症状は、全てこの黄体ホルモンの仕業だと考えられるそうです。

 

黄体ホルモンは、体が妊娠しやすくなるようにと、体内水分量を普段よりも多く保持しようとするそうで、その水分の補給源の一部が大腸で吸収される水分なのだそうです。

 

本来、便を作る時に使われるはずの水分がそのようにして体内に吸収されてしまうことから、体はむくみ、便は水分量が減って硬くなり、それが便秘に繋がっているのではないか?とのことでした。

 

これまで生理前には、「むくみやすいから水分を控えよう」と考えていたのですが、それが間違いだったみたいです。水分を控えると、ますます便が硬くなって便秘しやすくなるからです。

 

そのため、先生からは、水分を積極的に摂ることと、腸のぜん動運動を活発にさせるために簡単な運動やマッサージをすると良いと言われました。

 

そのため、黄体期には、目が覚めたらベッドの上で腸をもんだり、腹筋を使って起きたり寝たりを何度か繰り返しています。それだけでも多少効果があるみたいです。